P-01Dに決定。テザリングできるdocomo白ロムスマホ

   2016/12/28

simを契約して行うネット接続をiPodTouchで使うには、モバイルルーターか、もしくは違うスマホに挿してテザリングという手がありました。

しかし普通にスマホ端末買ってsimを入れても、端末の仕様でテザリングできないものがあるとか、テザリングできてもdocomoの設定上?simをスマホに入れてテザリングOnにしただけではできないのだそうで。


P-01Dは、docomoのスマホ(Android)で2011-2012冬春モデル。

ネットでいろいろ調べてみましたが、このスマホならそれなりに設定すれば、素人でもテザリングできるらしい。

テザリングというのは、そのスマホ端末自体がルーターになる機能で、このケースで言えば、simをセットしたP-01Dでdocomo3G通信を送受信し、P-01DとiPodTouchはWiFiで接続されることになる。


このP-01D、発売されて今ではdocomoで端末0円とかで契約できるようですが、中古もかなり流通してるみたい。
新品、いわゆる白ロムもAmazonや楽天で普通に買えます。

5000、6000円で買えるのは端末として評価が低いからみたいですが、それなりに使えてるというレビューも?


話が少し元に戻りますが、ドコモ系simを使うのにモバイルルーターHW01-Cというdocomoのルーターが代表的なんだそうですが、これを買おうとすると、ここ1週間でも7000円→9000円くらいまで高騰してきている。
ヤフオクでも競争が激しく、結局落札額はそのくらいの値段に近い。

DTIでモバイルルーターRS-CV0Cというのをレンタルしてくれますが、月630円、24か月シバリなので15120円で最終的に返却。
ルーター新品9000円としても、15120円は高くつくし、2年以降も使うなら、630円取られ続ける。
さらに機器紛失で別途17850円が請求されるらしいので、それも気になる。

故障しても送料はこっち持ちだとか、代替え機は用意しないとか・・・ますます気になる。


ということで、P-01Dを買ってみることに決定。

FOMAプラスエリアで利用可能という条件もクリア。
費用的にも一番お安くできるかと。

例えテザリングの設定がうまくできなくても、docomoのスマホなんだから、simを入れて基本設定すれば、そのままデータ通信スマホとして使えるのは確実で損は無いはず、ということも含めた結論。

※後日追記
P-01Dを使ってみる



スポンサーリンク