DTI simのP-01Dでテザリング設定、iPodTouch

   2017/01/02

DTI simをセットしたP-01Dでテザリング。

テザリングというのは、携帯端末をルーターとして機能させ、Wi-Fi接続した他の端末でネットが使えるようにすることです。
要はDOCOMO 3Gを受信しているP-01Dをルーターにして、iPodTouchでネットをするのです。

というか、その目的のためにP-01Dを買ったのです。

まずは設定。


DTI simをセットしたP-01Dで3G回線のネットができることを確認しておく。

アプリ「APN切り替え」をダウンロードしておく。

P-01Dで「テザリング」の項目を開く。
「無線とネットワーク」>「テザリングとポータブルアクセス」>「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」>「Wi-Fiアクセスポイントを設定」

適当なSSID名を自分でつける、それとセキュリティ(暗号化)するかしないかの選択になりますので、暗号化しましょう。
暗号化しないオープンというのは、例えば電車に乗ってる時、カフェに居るとき、近くの人からも、このSSID(P-01D)が見えているわけです。それで接続できてしまう。

定額simサービスですので、勝手に使われても問題ないと言えば無いですが、知らない人に使われるのは気持ち悪いので(^^;暗号化しておく。
そのためのパスワードを決めて、入力。そしてOKボタン。

この時点で、iPodTouchから、Wi-Fiを開くと、そのSSIDが見えます。
選ぶとパスワードを求められるので、さきほど決めたパスワードを入力。
すると接続が確立します。

やった。

ネットを見てみると・・・見れません。(><

P-01Dに戻って、アプリ「APN切り替え」を見ると、「hotspot」になっているので、「DTI」に変更。

再度、iPodTouchでネットを見ると・・・・・・・今度は見れます!


これでテザリング設定終了。

5分もかからなかったような、思ったよりはるかに簡単でした。
文字で説明されると何だか難しそうで、わけわからん感じがするかもしれませんが、そんなことはない。

自分もテザリング設定は初めてでしたが、素人にもできます。


P-01D(android)で直に3G通信するのと、飛ばして(テザリング)iPodTouchで使うのと、使用感に違いがでるのか、今後いろいろ使って確認したいと思います。

DTI ServersMan SIM 3G 100の記事一覧



スポンサーリンク