ユーネクスト U-mobile*d SIMパッケージを購入

   2017/01/04

ユーネクスト U-mobile*d SIMパッケージを購入しました。
※現在の名称は「U-mobileデータ専用」

いわゆる格安simサービス。


<U-mobile*d SIMの主な特徴>

SIMカード
(micro、nano)
(SMS対応、SMS非対応)

通信ネットワーク:ドコモLTE、3G
速度:下り最大112.5Mbps

初期費用=パッケージ料金3150円

料金プランは、段階制と定額制の2つ。

◆[ダブルフィックス]
1GBまで月額714円(※5%税込)、(税抜680円)
月内で1GB超、月額2079円(※5%税込)900円

◆[スタンダードプラン]
月額1764円の定額(※5%税込)

どちらのプランも、
月間通信量3GBを超過した場合、128kbps制限200kbps制限

最低利用期間なし

利用開始月無料


<U-mobile*d SIMのデメリット>

逆に、このSIMカードサービスの弱点は何か。

・128kbps制限
競合他社の多くが200kbps制限に対してやや劣る

・高速化チケット・クーポンがない
3GBを越えた後は、再高速化できません、128kbps以下固定。


<U-mobile*d SIMを使うのに向いてる人>

月間使用量が1GB以下、3GB以下に収まる。

メインの通信手段を別に持っていて、仮に128kbps制限になっても困らない。
(最低40kbps程度あればスマホでメール、Web閲覧はやや遅いだけで普通にできます)

使う日数が少ない


<これまでのSIM利用歴>

自分のこの手の格安simサービス利用履歴としましては、

DTI ServersMan SIM 3G 100

OCNモバイルエントリーd LTE980
(=現OCN モバイル ONE)

楽天ブロードバンド LTE
(楽天ブロードバンド LTE エントリープラン)

と使ってきて、4サービス目になります。

既にこれまでのSIMは全て解約済であり、
最後はOCNのsimを解約した2013年12月末日。


<なぜ使うのか?>

・NTTドコモ通信網
現在iPhoone5でau LTE(3G)を使っていますが、
ビルの中や地下などで電波が入りづらい、通信が極端に遅い場所があります。

・競合他社に比べて料金が最も安い。
同様のサービス内容では、どのSIMカードも月900円~1000円前後。
これより安いところで、
NTTぷらら モバイルLTE 二段階定額プラン380円というのは
約30.5MB/月なのでテキストメール程度か普通に使えば1日しかもちません、
DTI SIM467円はそもそも低速150kbpsのサービス。

・格安SIMカード
単純に、久しぶりにSIMサービスを使いたくなったということもあります。

・P-01D
SIMカードがあるとP-01Dが稼動できる。
手のひらに収まるわずか3.5インチのAndroid機は意外に使えるのです。


<使用開始時期について>

>>>・ご利用料金は、SIMカードご利用手続きが完了した日が属する月の翌月分から発生します。

多くの競合他社と同様に初月無料ですので、
4月に開通させる予定です。


<まとめ>

この手のSIMサービスを使うのに月間通信量1GB以下の人には、コストパフォーマンス最高
なのではないでしょうか。

例えばOCNモバイルエントリーd LTE980(=現OCN モバイル ONE)は、30MB/日でしたので、
月換算で900MB。あれで足りてた人なら充分足りることになります。
楽天ブロードバンド LTE エントリープランなんか月200MBでしたし(^-^;

あとは実際の使用感として、体感速度上、問題なく使えれば文句ないですよね。


補足)
公式によれば消費税8%による値上だそうですので、4月1日以降は、
月額:税抜680円→734円(735円?)になるはずです。

なお、自分はAmazon.co.jpでこのパッケージを買ったのですが、
3150円のところ、アマゾンによる割引で2200円とお得でした。v(^-^)
umobiled_1
サイズ: micro | タイプ: SMS非対応、にしました。
(Amazonでmicro、nano、SMS対応・非対応、選べます)

関連記事

使用開始の記事へ続きます
U-mobile*d SIM利用手続き
U-mobile(ユーモバイル)の記事一覧
U-mobileトライアルキャンペーン┃最大2か月全て無料でお試し(2017年2月)
U-mobile MAX 25GB┃大容量の格安SIMで安い、通信量比較で激安



スポンサーリンク