イオン格安SIM+Nexus4は中年や高齢者が買っている

   2016/12/28

イオンの格安SIMとsimフリースマホNexus4のセット販売が先日から販売開始していますが、

以前の記事)
イオンでNexus4+日本通信SIMパッケージ

かなり好調なようで、しかも大半が中年以上、特に60代以上が多いとか。

これに販売側が驚いているようです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000005-fsi-bus_all
「格安スマホ」契約者の高齢化目立つ イオンは購入6割が60代以上
Yahooニュース SankeiBiz 5月8日(木)8時15分配信

イオン、格安スマホは、米グーグルと韓国LG電子が開発した端末「ネクサス4」と
通信サービスの組み合わせで月額2980円

契約者の8割が40代以上、6割が60代以上と、シニア層や主婦に売れている」と驚きを隠さない。

ビックカメラのセット販売、格安スマホ「フリーフォン」
はインターネットイニシアティブ(IIJ)との組み合わせ。

場所柄、購入者はビジネスマンが多いが、40~50代が中心」(有楽町店)


結局、これは高齢者にスマホが使えない、興味ない、必要ない、ではなくて、
単に携帯電話料金が高くて嫌ということかもしれません。

毎月6000円とか8000円とか通信費としては高いですものね。
家族全員だと毎月4~5万とかなりかねません。

LTEとか必要なかったのかも?
少なくとも国民全員に必須ではなさそうな気も。

今回のイオンSIM+Nexus4も通信速度は200kbps固定ですから。
(ターボチャージ(高速化)はできる)

LTEが必要ない、は、ちょっと言い過ぎですが、もう少し安ければ、
現状の格安SIMのように月1000円程度~数千円でLTEなら、
もっと積極的に使えますよね。

関連記事

格安SIMブームの発端はイオンスマホ



スポンサーリンク