P8 lite(Gold)ALE-L02使用3か月レビュー【スマホ】HUAWEI

   2017/01/03

スマホP8 liteを使い始めて、まもなく3か月になろうとしています。
この時点での感想、レビュー。(動画あり)
(※Android 5(Lollipop)とEMUI 3での内容)

普通に満足 P8 lite

P8 lite、特に問題もなく使えています、OSはAndroid 5.0.1。
今だに使えるNexus7(2012)がAndroid4のままにしているので、
Android5のよさというのも感じます。
(最新バージョンは現在6、Marshmallow)

フリーズやハングアップなど壊れる挙動もないことから、
このP8 liteは問題ない普通のよいスマホと言えます。

動作のほうも普通にスムーズ、超高速ではないものの、
困ることはありません。

外観、ボディ色をゴールドでケース無しで使っていますが、
デザインや色合い、手触りも満足。

P8 lite(Gold)ALE-L02使用3か月

重さは標準、サイズはやや大きめ

スマートフォンとして標準的な重さで気にならないものの、
5インチの大きめボディはズボンのポケットに入れて歩きますと、
ややボコっとして気になると言えば気になります。

しかし画面が大きく見やすいこととのトレードオフで満足度のほうが上回る。
ポケットで不自由するならカバンに入れて持ち歩けばよいだけですし。

ディスプレイと解像度

画面の解像度は720×1280。5インチなので、293ppiかと。

それなりにきれいな画面映り、個人的に先代のiPhone5と比べると
見劣りしますが、4インチより広い5インチのディスプレイは
とても見やすい。使用中、心理的にもゆとりができます♪

マイクロSDカードを増設すれば快適

内部ストレージは16GB。
マイクロSDカード32GBを増設したのは以前に書いた記事の通り。

シリコンパワー マイクロSDカード購入 SP032GBSTHBU1V20SP

使用可能約29GBですので、内部+カードの合計で約45GBの記憶容量。

写真や動画を撮影したり、Google Play Musicのダウンロード、
Amazon Musicダウンロード、Amazonビデオのダウンロード、
Kindle本やパソコンからファイルをコピーしたりと、
保存容量が多いことで重宝する場面はたくさんあります。

注意点としてはこのP8 liteカタログスペックでは、使用可能な
Micro SDは最大32GBとなっていますので、間違って64GBや128GBを
買ってしまわないように。(使えるかもしれませんが)

Bluetooth

音楽聞くときにBluetoothレシーバーを使うこともあります。
駅や電車に乗ったときなど混雑した場所では無線がよいですよね。
感度もよく、ワイヤレスでP8 liteのサウンドを楽しめてます♪

カメラ

スマホを使うにあたってカメラ機能は大事だという人が多いでしょう。

P8 lite カメラ
メインカメラ:1300万画素(開口部 F2.0/AF/BSI)
インカメラ:500万画素(開口部 F2.4/FF/BSI)

P8 liteのカメラテスト動画をYoutubeにアップしました。
言葉で説明するよりもわかりやすいかと思いますので、
ご覧になってみてください。メインカメラ(背面・外側)で撮影。

撮影した写真や動画の保存先は「設定」から[SDカード]へ変更して
おいたほうがよいでしょう。(SDカードは別売り)

動画の解像度、1080Pもしくは720Pの16:9で撮影。
設定で選択できます。その下に4:3もありますが普通は16:9ですね。

写真の設定で最高の解像度にすると「4:3」になるのでやや注意。
カメラだから、それで満足というのであれば問題ありませんが、
そのひとつ下の10M 4160×2636が「16:9」、最近ではワイド画面で
見ることが増えています。
写真も16:9が無難かもしれません。

iPhone5と比較

個人的な話になります。

このP8 liteは格安SIMのOCN モバイルONEで運用中。
iPhone5(au回線)からMNPで乗り換えたのも以前の記事の通り。

au iPhone5からMNPで格安SIM OCN モバイル ONEへ【店頭MNP即日開通】

つまり管理人としてはiPhone5から、このP8 liteに変えた格好。
だからiPhone5と比較してしまう。

iPhoneのディスプレイ4インチながら326ppiはきれいでした。
もともとAppleの色合いや映りが他社と比較して鮮やかできれいなのは
間違いないところ。

カメラ機能で撮影する写真や動画もApple製品のほうがきれいだなあと
感じるのは好みもあるでしょうけれど、これはP8 liteに限らずAndroid系の
スマホ・タブレット全てに言えること。

電話としての通話機能

通話機能は、OCNモバイルONEです。
そして家族と連絡を取るために格安通話やIP電話での無料通話は欠かせません、
アプリで楽天でんわ、Skype、SMARTalk(FUSION IP-Phone SMART)も併用。

どれも問題なく運用できています。(050 plusは今後)

ゲーム

ゲームはタブレットでやる派なのでスマホではやっていません。

問題点

問題というほどではありませんが電源ボタンの位置について一言。
縦向きで音量ボタンの下に位置、つい押してスリープにしてしまいます。
意図せず間違えて押してしまうのです。
個人的には音量ボタンの上、角に近いほうがよかったなあという気がします。

P8 lite 使用3か月レビュー まとめ

P8 liteを使って2か月と20日くらい、総じて満足できるスマホと言える。
酷いデメリットや大きな問題点は見当たりません。

超おすすめのスマホとまでは言えないものの、無難に普通というのが
しっくりきます。トラブルなく使えてればそれでいいのです。

比較するなら買い替える前のiPhone5よりも、まだ平行して使用中の白ロムスマホ
Ascend HW-01Eかもしれません、同じAndroid、そして同じメーカーですから。
同じHuaweiなのは本当に偶然なのですが、性能でいったら比較になりません。
パフォーマンス、機能には相当な開きがあります、P8 liteが圧倒的に安定。

P8 liteは3万円で購入しましたから、今後も壊れないで(壊さないで)しばらく
使っていければそれで充分よいでしょう。家族用に買ったもう1台のホワイトモデル
も、もちろん壊れることなく快調に動いてます。

iPhone5、Ascend HW-01Eと比べても買い増してよかった、加えてNexus7(2012)
のAndroid4より多機能で性能安定、満足な結果になった、というのが今回の記事の
最終的なまとめといたします。

関連記事

P8liteスマホでWiFiつながらないOFFのまま、Bluetoothも同じ不具合【故障】
P8 liteをAndroid6へバージョンアップした【遅い】
P8 lite 便利な使い方、特殊機能
P8lite隠しショートカット、編集で並べ替えもできる便利機能
P8liteで保存先をマイクロSDカードにする
【スマホ】HUAWEI P8 lite(Gold)ALE-L02 購入、SIMフリー
HUAWEI P8 lite(ホワイト)専用ケース付セット購入
ZenFone 3 Max (ZC553KL) をAntutuアプリでベンチマークテスト
OCNモバイルONE接続できない原因はモバイルネットワーク設定(P8 lite)
OCNモバイルONEの記事一覧



スポンサーリンク