格安SIM通信速度調査2016年11月末┃MVNO実測値比較

   2016/12/28

格安SIMの通信速度調査、2016年11月末。

格安SIM(MVNO)から、
OCNモバイルONE
U-mobileユーモバイル)、
FREETELフリーテル)、
の3社の通信速度を計測しましたので、
実測値を公開し、比較いたします。

※通信速度は、場所、通信環境、端末スペックなど、
あらゆる要素で大きく変化します。
あくまで参考値としてください。

OCNモバイルONE の通信速度2016年11月実測値

格安SIM(MVNO)の「OCNモバイルONE」の速度を計測。

解約する(転出MNP)ことにしたので、
最後の最後で速度を確認してみました。

端末:P8 lite(Android)スマホ
アプリ:SpeedTest

通信速度、下りの実測値は以下の通り。(単位はMbps)

※「低」はターボOFFの低速通信(200kbps制限)

11/27 19:51 0.17
    19:53 1.86
11/28 8:14 0.12
    8:15 4.82
    12:21 0.46
    12:23 0.25
    12:30 0.34
    12:40 0.26
    12:50 0.57
    12:56 0.63
    13:01 1.8
    18:01 2.15
    19:00 0.85
    20:01 1.45
    21:17 0.87
11/29 7:01 9.78
    7:28 4.3
    12:01 2.81
    12:21 0.28
    12:30 0.26

OCNモバイルONE通信速度結果1
OCNモバイルONE通信速度結果2
OCNモバイルONE通信速度結果3

OCNモバイルONE 通信速度まとめ・感想

OCNモバイルONEを1年ちょっと使ってきましたが、
通信速度の計測はしていませんでした。
その理由はスマホブラウザでの表示速度に満足していたから。
ノートパソコンへのテザリングでも問題なし。

それと通信速度は変わりやすいものであること、
例えば移動中、電車の中などもそうですよね。

それからアプリで速度計測すれば無駄に通信量を消費するから。
速度を把握したところで、実際に使う場面で体感速度が
速くなくては意味がない。

今回ほぼ初めてOCNモバイルONEの通信速度を計測しましたが、
思ったより速いというのが感想。
OCNモバイルONEの速度が遅い、通信が不安定で
解約を決めたのに、です。

前回の記事)
OCNモバイルONE速度低下で遅いので転出MNP、解約方法まとめ

平日昼休みはほぼ全ての格安SIMが遅くなると言われています。
OCNモバイルONEの場合、12時20分~30分頃に最も落ち込むようです。
やがて回復していき13時と同時に速さが戻る。

昼間はかなり前から諦めて使わないようにしてましたが、
管理人が2016年11月中旬に速度不満を持ったのは、
夜の時間帯でした。
やはり今でも夜7時以降で遅くなりがちのようです。

逆に朝の通勤通学時間帯は高速とわかりました。
このくらい5~10Mbpsが時間帯を問わず出ればよいのですが。

ただ、この1週間ごく最近は体感速度も悪くなかった。
ここ数か月、速度が遅くなってきていることを感じつつ、
2016年11月中旬あたりが最も酷かった。
夜20時~22時くらいの電車の中でしたが、表示が
遅すぎるというより、最悪、何度か落ちてました。
Yahooのページが開かないまま真っ白で終わる感じ。

全く使えないわけではないのですが、
接続できたり、できない、落ちたりが
10分おきくらいに入れ替わっていました。
これは典型的な格安SIMの利用者が増えすぎた状況。
→皆で一斉にアクセスするから遅くなる、表示されない、
使えないので諦めて止める。
→しばらくして諦め半分に使ってみると、
皆も止めた後なので空いてる、高速でスイスイつながる
→そんな感じで皆が再び接続し始める
→またパンクする・・・停止
→以後、上記サイクルの繰り返し。

ではなぜ現在は速度が出ているのでしょうか?
これにはいくつかの仮説が考えられます。

  1. 月末に多数の解約者続出
  2. 月末は新規入会が少ない
  3. OCNが回線を増強している

新規契約者は月初からが多く、
逆に解約は月末頃が多い傾向らしい。

とくに今月中旬通信が遅いことが全般的にあったなら、
怒りの解約、解約者続出になっている可能性大。
これで空いてきます。

さらにOCNモバイルONEの公式サイトには
回線増強中であるとお知らせがありました。
定期的に増強してきたのでしょうが、今月に関しては、
遅くてクレームや問い合わせが殺到したとすれば、
回線増強を例をみないほど急ピッチで進めた可能性あり。
速度はさらに向上しやすくなる。

それだけOCNモバイルONEが人気である、
利用者が増え続けているという証拠なのですが、
こういった状況はまだまだ不安定さが続くような気が
しなくもありません。
格安SIMの宿命とも言えます。

管理人が昨年10月からOCNモバイルONEを使ってきた限り、
本当に高速で快適に通信できていましたし、
夏ごろも問題なかったと記憶しているのですが。
とにかく2016年秋頃から遅くなってきました。

この話は他社の格安SIMも他人事ではありません。
人気がある格安SIMほどこうなりやすいから危険。
今常に5Mbps以上出ていても、1年後は0.5Mbpsで遅すぎる
という流れもありえるのです。

その頃にはOCNモバイルONEが高速で速度ランキング1位、
快適になっているということも充分にあり得ます。
但しそれが来年の春か1年後か、永遠に来ないのかはわかりませんが。

U-mobile(ユーモバイル)の通信速度2016年11月実測値

格安SIM(MVNO)の「U-mobile」の速度を計測。

以前から保有しているデータ専用の格安SIM。

端末:P8 lite(Android)スマホ
アプリ:SpeedTest

通信速度、下りの実測値は以下の通り。(単位はMbps)

11/29 18:03 1.29
    19:00 1.9
    20:00 2.73
    21:00 2.26
    22:33 4.06
11/30 7:00 11.34
    7:20 14.14
    8:01 9.88
    12:17 3.73
    12:30 0.53
    12:40 0.51
    12:50 0.6
    13:00 4.68
    16:01 13.54
    17:00 12.05
    18:01 4.1
    19:02 1.72
    20:04 2.54

U-mobile通信速度結果1
U-mobile通信速度結果2

U-mobile 通信速度まとめ・感想

U-mobile(ユーモバイル)とは、
動画配信サービスのU-NEXTが提供している格安SIMサービス。

管理人はかなり昔から格安SIMを使っていまして、

DTI ServersMan SIM 3G 100
(現DTI SIM)

OCNモバイルエントリーd LTE980
(=現OCN モバイル ONE)

楽天ブロードバンド LTE
(楽天ブロードバンド LTE エントリープラン)

U-mobile*d SIM
(=現U-mobile データ専用)
2014年3月末使用開始~

らしいです、というのも記憶が定かでなく、
ブログの過去記事から遡りました。

以前の記事)
ユーネクスト U-mobile*d SIMパッケージを購入

使い始めた頃からサービス名称や料金体系も
変わりました。

現在の契約内容は、

U-mobile データ専用
◆[ダブルフィックス]
通信量1GB以下:月額680円(714円税込)
1GB超:900円
最大通信量~3GBまで。超過した場合、
当月末まで通信速度が送受信最大200kbps

というもの。

データ専用なので気軽に契約や解約できますし、
惰性でそのまま保有している格好。
サブの白ロムスマホHW-01eにセットし、
主にSMARTalkだけ使うIP電話専用回線のようにして
利用していますが、あまりよい使い方は言えませんね。

HW-01eがドコモ専用スマホなのでテザリングできないし、
余計なドコモ用アプリ多数あり、機種としても古いので
スペックや不要アプリが原因で動きが重く遅い。
ネットやアプリ利用にはほぼ使えない、不便。

よって毎月の通信量を確認してみますと
(公式U-mobile専用アプリでわかる)
1か月で消費量100MBくらい、最大で300MB程度。
先月末はこの速度調査をしたら400MB越えましたが。

U-mobile(ユーモバイル)の通信速度調査も
やっていなかったので今回が初めて。

他社の格安SIMとの公平性を保つため、スマホHW-01eから
SIMカードを取り出して、P8 liteに入れ替えセットしました。

結果、U-mobile思ったより早い、速度でている。
10Mpbs越えも珍しくなく15Mbpsへ届きそうな余裕がある。
OCNモバイルoneより高速。

格安SIMの宿命か平日昼間は遅い。
しかし500kbpsはあるので快適ではないまでも
普通にスマホでネットを見るくらいなら問題なさそう。

夜にかけてやや遅くなるのはお帰りの時間帯 でしょう。
それでも1Mbps越えていれば
パソコンでのテザリング使用にも問題ないレベル。

U-mobileの知名度から考えて、無名ではないが、
そこまで利用者は多くないと考える。
それがOCNモバイルoneより高速通信を実現
できている理由だと思う。

きちんと速度でていますので、もっと使ったほうが
よさそうです。
少なくとも1GB手前までは料金同じですし。
3GB使い切ったほうが結果的に割安ですが。

FREETEL(フリーテル)の通信速度2016年12月実測値

格安SIM(MVNO)の「FREETEL(フリーテル)」
の速度を計測。

11月末に新規契約(転入MNP)し、
FREETELへ申し込み【店頭MNP即日開通】ヨドバシで手続きしてきた┃格安SIM

12月分になりますが、さっそく
速度を確認してみました。

端末:P8 lite(Android)スマホ
アプリ:SpeedTest

通信速度、下りの実測値は以下の通り。(単位はMbps)

※「低」は節約モード(200kbps制限)

12/1 11:02 0.05
    11:13 0.11
    11:16 11.78
    12:12 4.83
    12:21 4.37
    12:30 4.57
    12:40 1.26
    12:50 4.27
    13:02 5
    16:01 2.63
    17:02 5.29
    18:05 9.77
    19:09 4.1
    20:00 5.57
    21:00 6.28
    22:06 2.13
12/2 7:10 15.16
    7:32 14.25
    7:36 0.04
    8:19 11.21

FREETEL SIM通信速度計測結果1
FREETEL SIM通信速度計測結果2

FREETEL 通信速度まとめ・感想

FREETELのSIM、確かに速度が出ており高速で通信できる
ことがわかりました。

特に平日昼間、多くの人が昼休みで一斉に利用する12時台が
素晴らしい。4Mbps以上を維持するのは他社格安SIMの中でも
圧倒的な速さだと考えられます。
ピークが12時半前後の12:20〜40分頃だとして、
1回だけやや低下しましたが、
それでも1Mbps越えてるので利用に全く問題なし。
他社ですと0.3Mbps前後で低速モードと変わらないくらいに
落ちるわけですから。

1日を通して超高速というよりも安定して
4〜5Mbps出ている感じ。
時に10〜15Mbpsまで速度が出る。

格安SIMおすすめランキング2016年11月(MVNO)

格安SIMサービスを提供しているのは10社以上、
もしかすると30社以上あるかもしれませんが、
今回、通信速度の実測値を計測した3社で比較します。

★通信速度、高速ランキング
FREETEL
U-mobile
OCNモバイルONE

速度を重視するならOCNモバイルONEは止めたほうがよい。

★平日昼間ランキング
FREETEL
U-mobile
OCNモバイルONE

平日昼間を重視するならFREETELを選ぶしかない。

★低速ターボOFFランキング
OCNモバイルONE
FREETEL
U-mobile

FREETELの節約モード(低速ターボOFF)も充分使えるが、
時にかなり激重で遅い気がする。

★料金比較ランキング
U-mobile
FREETEL
OCNモバイルONE

月1GB以上3GB程度の通信量を消費するなら料金はほぼ変わらない。
他の要素で選んでよいだろう。

★おすすめランキング
FREETEL
U-mobile
OCNモバイルONE

比較まとめ【格安SIM・MVNO】2016年11月

2016年11月末~12月初めのわずか3社の格安SIM比較となりますが、
総合的に判断して、FREETELがよい。
U-mobileも悪くない。

OCNモバイルONEは利用者が増えすぎたのでしょう。
サービスは充実していますが、速度の遅さが目立つ
特に平日昼間に関しては使えないくらいの覚悟が必要。

しかし今後、各社の通信速度の平均値が遅く悪化したり、
高速に改善されたり変化もあるでしょう。

また、サービス面の改善、充実も期待したいですし、
料金の値上げはあまりなさそうですが、値下げはありえます。

時期が違えば比較結果や満足度もかなり変わってきますので、
参考のための目安としてください。

関連記事

通信速度調査(実測値)の記事一覧



S