格安SIM通信速度調査2017年8月末┃MVNO実測値比較

 

格安SIMの通信速度調査、2017年8月末。

格安SIM(MVNO)から、
FREETELフリーテル)、
U-mobileユーモバイル)、
の2社の通信速度を計測しましたので、
実測値を公開し、比較いたします。

※通信速度は、場所、通信環境、端末スペックなど、
あらゆる要素で大きく変化します。
あくまで参考値としてください。

格安SIM通信速度調査結果 2017年8月末

「F」がFREETELフリーテル
「U」がU-mobileユーモバイル

※間違って1回だけ、
宅内ルーターのWiFiを計測しましたので、
画像ではグレーで隠しています。

速度測定2017年9月

FREETEL(フリーテル)の通信速度2017年8月実測値

端末:ZenFone 3 Max (ZC553KL)(Android)スマホ
アプリ:SpeedTest

スマホZenFone 3 Max にインストールした
アプリSpeedTestにて速度計測しました。

(単位はMbps・平日)

8/31 7:41 0.26
8:01 0.25
8:30 0.92
9:01 2.99

今回の計測時間は朝。
平日AM7時~9時頃ですから、通勤通学時間。

見ての通り、速度は遅い。
遅すぎると言える。

低速の節約モード200kbps=0.2Mbpsです。
節約モードの実測は0.06とか0.08になるという意見が多数ですから、
もっと遅くなりますが、速度制限下に近い速度
という捉え方もできる。

おそらくフリーテルユーザーには、
学生が多い、もしくは会社員のサブ機か。
しかし社会人でも格安SIMに乗り換えしているでしょうから、
結果的に通勤通学時間帯に電車の中で使う人が多くなり、
速度遅延になることは理解できます。

その証拠のひとつに、AM8時半頃にはやや緩和され、
AM9時に過ぎたら速度が回復していることが挙げられます。
電車で使って、学校の授業や仕事が始まるとスマホ使わない。

理由が何であれ、ユーザーとしては不満。
お金を支払って利用しているのですから、
どんな時間帯でも1Mbps以上はでてほしい。

例えば今回比較しているユーモバイルは、
同じ時間帯でもそれなりの速度を確保できています。

ここ最近、FREETEL(フリーテル)の速度測定結果が悪く、
改善してほしいと書いてきましたが、
期待はできない雰囲気になってきました。

解約も考えるレベル。
他社のほうが同じくらいの料金でも
速度がでるならフリーテル利用は損しているのと同じ。

スマホのブラウザでネットを見ても、
やや遅い、詰まったような感じがします。
使うことはできますが。

U-mobile(ユーモバイル)の通信速度2017年8月実測値

格安SIM(MVNO)の「U-mobile(ユーモバイル)」
の速度を計測。

端末:NETGEAR AirCard AC785(モバイルルーター)
端末:ZenFone 3 Max (ZC553KL)(Android)スマホ
アプリ:SpeedTest

測定結果の画像の中でWiFiマーク(扇形)ですが、
U-mobile(ユーモバイル)SIMカードを
NETGEAR AirCard AC785(モバイルルーター)に
セットしています。

NETGEAR AirCard AC785のWiFi接続で、
ZenFone 3 Max (ZC553KL) にインストールした
アプリSpeedTestにて速度計測しました。

(単位はMbps・平日)

8/31 7:44 3.92
8:03 3.88
8:32 3.92
9:03 4.17

平日朝の通勤通学時間ですが、
通信速度は確保できています。

過去の通信速度調査も含めて判断しますと、
U-mobileの速度は1日を通して、
ほぼ一定に保たれている印象。

以前はもっと速かったので、
10Mbps越えも改めてでるといいなと思いますが、
昨今の格安SIM人口増加においては難しいのかもしれません。

多くの人の利用が集中する時間帯でも
数メガでていますので、合格と言えるでしょう。

実際にスマホやパソコンで使ってみても、
フリーテルよりもユーモバイルのほうが、
体感速度速いです。
画面がスムーズに読み込まれます。

この格安SIMはU-mobile データ専用です。

関連記事

通信速度調査(実測値)の記事一覧
格安SIM通信速度調査2017年7月末┃MVNO実測値比較
FREETELに改善命令2017年04月、高速通信は嘘?詐欺?



スポンサーリンク