ZenFone 3 Max(ZC553KL)使用1か月レビュー

 

ZenFone 3 Max(ZC553KL)を使って1か月を越えてきましたので、
感想としてのレビューを書きます。
ZenFone 3 Max(ZC553KL)使用1か月

使用期間は約1か月

ZenFone 3 Max(ZC553KL)を購入したのは2017年4月16日ですが、
レビュー記事を書いたり、操作方法を知ったりしながら、
実際にメインスマホとして本格的に使うようになったのは、
5月からという感じで、現状1か月と少し。

厳密に買った時点からは1か月半。
まもなく2か月になっていくという時期にこれを書いています。

簡易レビュー

簡易レビューとして、先に結論から申しますと、
ZenFone 3 Max(ZC553KL)買ってよかった。
満足できるAndroidスマホだと言えます。
現在メインスマホとして愛用中。

故障や不具合など問題は一切ありません。

では、以下によかったこと、問題点などを解説。
ZenFone 3 Max(ZC553KL)使用1か月インターネット閲覧

メリット・よい点

指紋認証が便利すぎる。
画面ロック解除が面倒なので、スリープとロックまでの時間を
長く設定したくなりますが、セキュリティーの観点からは、
より短くしたほうがよい。
その点で画面ロック解除が苦でなくなったのは
素晴らしいの一言。

長時間駆動バッテリーこそがZenFone 3 Maxを含む
ASUSスマホZenFoneの「MAX」シリーズの特徴。
待機最大38日間となっていますが、それはあくまで
何も使わない待機時間。
普通に使って外出中の2日分くらい。
暇さえあれば使うような酷使して朝から晩までという感じ。
それでも完全にゼロにはなりませんから、家まで帰れます。
毎日の通勤通学なら2日に1回満充電にすれば足ります。
モバイルバッテリーは必要ありません。

指紋認証と長時間使用の2つの満足感だけで、
ZenFone 3 Max(ZC553KL)の8割以上の満足感と言えるくらい満足で、
過去のスマホの満足度をはるかに上回る。それくらい便利。

あとは使用開始初期はプレーンのAndroid OSと違う
ASUSスマホZenFone特有のZenUIのインターフェイス
操作および設定方法にかなり混乱し、正直困り、
買って失敗したとさえ思いました。
しかし使い方を覚えて使っていくうちに完全に慣れました。
今では便利すぎるくらい。

動作や挙動、反応スピードもサクサク、スムーズで
変につっかかったり、遅くてイライラもありません。

フリーズ、ハングアップ、強制再起動、
異常な挙動、発熱高温などの故障や異常は
今のところ一度もありません。

画面は5.5インチとスマホとしてはかなり大きく、
タブレット端末には及ばないものの、体感的には
タブレットに近いとも言えます。

カメラが多機能で面白い。
特にカメラへのこだわりはありませんでしたが、
使ってみたくなる、使いこなしたくなるカメラです。
きれいに映るのでよい。
ZenFone 3 Max(ZC553KL)使用1か月、写真閲覧

デメリット・問題点

スマホとしてはボディサイズがデカい大きい、重い、重め。
男性が手に持って力をこめるほどではありませんが、
既に1か月以上使っている今も、時にズシリという重みを感じます。
ズボンのポケットに入りますが限界が近いとも言える。

指紋センサーで画面ロック解除やカメラ起動ができますが、
反応や認識がやや鈍いときがある。

その割に関係ないときに意図せずカメラが起動してしまうことがある、誤起動。

いくつかのゲームアプリはGooglePlayからダウンロード、
インストールしてもエラーで起動できませんでした。
原因は不明。
今後改善のアップデートがあるのかはわかりませんが、
ゲームを多用する予定の人は止めておいたほうが無難かもしれません。

P8liteとの比較

ZenFone 3 Max(ZC553KL)の前は、
P8liteをメインスマホにしていました。

比較してまず画面が大きくなった。
5インチ→5.5インチ。
体感的にかなり違うものですし、見やすくなった。
見やすいのは解像度も上がっているから。
HD(1280×720)
→フルHD(1920×1080)

電池の減りが早くなってしまったP8liteに対して
ZenFone 3 Max(ZC553KL)が圧倒的なバッテリーで問題解消になっているのは
言うまでもありません。

P8liteは最後に、WiFiとBluetoothが壊れて機能しなくなってしまったことで、
今回の買い替えに至りましたが、
もちろんZenFone 3 Max(ZC553KL)のWiFiとBluetoothは快調。

P8liteに使い慣れていたせいか、プレーンのAndroid OSとちょっと違う
ZenFone特有のZenUIというインターフェイスに戸惑い困りましたが、
今は慣れたので問題なし。

但し、ボディサイズで扱いやすさにおいて、
男性のズボンのポケットに出し入れするサイズ感としては
iPodtouch、iPhone5、P8liteくらいまでが扱いやすいかなと。

iPhone5との比較

iPhone5はP8liteの前のメインスマホでした。

今でも愛用しているのは動画撮影がきれいに映せて、
編集アプリの機能が優れており使い慣れているから。
IP-Phone SMART(SMARTalkアプリ)での2つめの電話番号も設定。

単純にiOSも持っておきたいという気持ちもあります。

ZenFone 3 Max(ZC553KL)と比較すると、
画面が小さい、小さすぎると感じるくらい。

5.5インチと4インチですから、
ポケットに入れてハンディーサイズという
取り回し扱いのよさはiPhone5に軍配が上がりますが、
もはや4インチでインターネット閲覧は積極的にする気にはなりませんね。

価格

価格ですが管理人は家電量販店の店頭で
30013円(税込)で買いました。

現在2017年6月上旬時点で、ざっと調べてみますと、
ヨドバシ29380円
ジョーシン29310円
楽天市場29083円
Yahooショッピング29083-33030円
イートレンド、EC-JOY、エディオン
28789円=税込31092円

となっている模様で、税込計算では、
むしろ値上がりしたかもしれません。

格安SIMとのセット販売で安く買えることがある
ので比較してみるとよいでしょう。

ZenFone 3 Maxを格安SIMセット販売で買う【比較】MVNO

まとめ ZenFone 3 Max(ZC553KL)使用1か月レビュー

ZenFone 3 Max(ZC553KL)を1か月使って時点での
感想をレビューは以上です。

まだ他にも気づいたことはあったかもしれませんが、
またの機会にご紹介できたらと思います。

ZenFone 3 Max(ZC553KL)を買おうかな?
と購入検討の方にはおすすめします。
デザインもきれいですし、手に持ったハンドリング
もフィット感があってよい。

比較の記事にも書きましたが、同じ
ZenFone 3 Maxで先行のZC520TLという
5.2インチのほうと比較しているのであれば、
今なら管理人と同じZC553KLを選ぶべき。
画面が大きいだけでなく全体的にスペックアップ
してしますから価格が若干上であるものの、
それ以上の満足感で後悔しません。
管理人もZC520TLにしなくてよかったと思っています。

ZenFone 3 Max【比較】「ZC520TL」vs「ZC553KL」 ASUS日本国内版 2017年

ZenFone 3 Max(ZC553KL)を買ってよかった、
P8liteから買い替えてよかった。
今後もメインスマホとして使っていきます。

ASUS ZenFone 3 Max (ZC553KL)はこちら【公式】

関連記事

ZenFone 3 Max(ZC553KL)5.5インチ版を買った理由
ZenFone 3 Max (ZC553KL)購入【レビュー】5.5インチASUSのSIMフリースマホ
ZenFone 3 MaxのWiFiとLTE(SIMカード)の通信初期設定
ZenFone 3 Max (ZC553KL) をAntutuアプリでベンチマークテスト
ZenFone 3 Max使い始めにしておきたい設定【使い方】
Zenfone 3 MAXリバースチャージ機能┃OTGケーブルを使う
Zenfone 3 MAXで指紋認証の設定。着信、カメラ起動、写真撮影もできる指紋センサー
ZenFone 3 Maxのクイック設定の使い方
ZenFone 3 MaxでデュアルSIMカード設定方法、SIM2枚挿しでDSDSは?
ZenFone 3 Maxカメラの使い方(写真動画撮影)ZC553KLはカメラ性能がアップ
ZenFone 3 Max【便利機能】音量ボタンの使い方、おやすみモード、マナーモード
ZenMotion(タッチジェスチャー・モーションジェスチャー・片手モード)
【便利機能2】ZenFone 3 Max



スポンサーリンク