Ascend HW-01E感想1か月

   2016/12/28

Ascend HW-01E白ロムスマホを使って1か月が過ぎたので感想・レビュー。


hw01e_1

動作はスムーズ、基本性能は悪くなく、操作感もよい。

しかし、ハングアップ(壁紙だけになりアプリアイコン非表示になる)が未だに起こる。
ソフトウェアアップデート以降、しばらくなかったが、1週間に1回くらい発生。
ハングアップすると戻るのに15秒くらい待つ。
再起動すると治る。
よって、定期的な再起動必須。おそらくはキャッシュがたまったり、メモリ不足の現象なのだと推測。

ネット接続に関しては、Wi-Fiでも格安SIMでも問題なく使えています。
LTE、FOMAプラスエリア対応。
LTEと3Gの違いは体感できますが、プラスエリアのつながりのよさは、いまいちよくわかりません。
しかしつながりやすくなっているのでしょう。
LTEは明らかに高速、速い。

電池の減りは早い。これはよろしくない。
放置でも減っている。モバイル無効にしてもあまり変わらないので、
セルスタンバイ問題の影響でもなさそう。
対策としては、不要な自動同期を切ったり、こまめにWiFiオフにする。
使わないときは、素直に電源OFFがよいと思います、実際そうしています。

hw01e_2

Android4.0.4なのですが、どうやらこのままAndroidアップデートはないでしょう。
この点は不満、やや使いにくい。
マルチタスクあるはずなのですが、この端末では使えない模様。
バッテリの減りが早いのもAndroid4.0.4の仕様という説もあります。

ワンセグでテレビ見れました。
2014ワールドカップサッカーもこのHW-01Eで観戦しました。
言うまでもなくバッテリはどんどん減りますが。

hw01e_3

総括。
普通に使える、満足、特に問題なし。基本的にはよいものの、少しの不満もちらほらといった感じ。

この機種が古い機種(ドコモ2012秋モデル)であることもそうですが、やはりドコモスマホであることが、
余計なアプリやら何やら入ってドコモ仕様に設定されており、このことがさらなるもっさり感を形成し、
残念な結果になっているのでしょう。

今後、白ロムスマホを選ぶときには、性能がいまいちでも、SIMロックフリー、正確には
キャリアモデル(docomo、au、ソフトバンク)ではない、
プレーンAndroidスマホやタブレットを選ぶのが賢明かもしれないな、と改めて思いました。

とはいえ、今回は15000円で購入しましたので、格安スマホ目的のサブ機には合格です。

関連記事

Ascend HW-01Eを使って1週間の感想
Ascend HW-01E購入
Android4スマホでデータ通信量の計測
U-mobile*d通信量2014年6月



スポンサーリンク