ZenFone Max Plus(M1)(ZB570TL)発売2018年2月ASUS



 

ZenFone Max Plus(M1)(ZB570TL)が
ASUS JAPANから2018年2月17日に日本発売されました。

ZenFone Max Plus M1(ZB570TL)【ASUS公式】

情報ソース

ASUS初の縦長18:9ディスプレイ「ZenFone Max Plus(M1)」、2万9800円で17日発売
(2018年2月15日 ケータイ Watch)

ASUS、18:9ディスプレイ搭載「ZenFone Max Plus(M1)」を2月17日発売 2万9800円(税別)
(2018年2月15日 ITmedia)

スペック

ZenFone Max Plus(M1)(ZB570TL)

スマートフォン
SIMロックフリー

大きさ73×152.6×8.8mm
約160g

Android 7.0
MediaTek MT6750T(1.5GHz)
メモリ4GB

内蔵ストレージ32GB
microSDXC

5.7型ワイド
2160×1080(フルHD+)
アスペクト比18:9、縦長
(ZenFoneシリーズ初)

バッテリー:4130mAh
大容量

背面デュアルカメラ
1300万画素
画角120度・800万画素の広角カメラ

指紋認証

顔認証
(ZenFoneシリーズ初)

Wi-Fi2.4GHz帯(IEEE802.11b/g/n)

Bluetooth 4.0
高音質コーデックaptX

デュアルSIM
LTE+3G、DSDS対応
nanoSIMスロット×2
microSDスロット同時利用可

Y!mobileのVoLTE対応

価格:2万9800円

ZenFone Max Plus(M1)まとめ

ASUSのスマホZenFoneシリーズの中で、
Maxというのは大容量バッテリーが特徴。

しかしZenFone 3 MaxやZenFone 4 Max、
ZenFone 4 Max Proと来て、
今回はZenFone Max Plus(M1)という名称ですし、
スペックを見てもダイレクトな後継機種というにも
若干開発が違うような印象も受けます。

ZenFone 4 Max (ZC520KL)2017年12月発売。5.2インチ・大容量バッテリー

ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)2017年12月日本発売。5.5インチ・5000mAh大容量バッテリー

特徴は画面サイズが過去最大。
5.7インチなので6インチのタブレットに近づいていっています。
しかしベゼルが狭いデザインなので端末自体は
それほど巨大化していないようです。

iPhoneで話題になっている顔認証に興味がある人にも
面白い端末かもしれません。

このZenFone Max Plus(M1)もそうですが、
ZenFone 4 Max以降、
カードスロットがトリプルスロットになり、
SIMカード2枚とマイクロSDカードの3枚を
同時利用可能になっていますから、
それだけでも買い替え、買い増しの価値はありそうです。

格安SIMの異なる2社分を同時にセットして、
さらにマイクロSDカードも使えるわけです。

ZenFone 3 MaxはマイクロSDカードの排他利用であり、
スロットは2つあってもSDカードを使うなら
SIMカードは1つしかセットできませんのでその点は不便。
そもそも DSDSではないので仕方ありませんが・・。

ZenFone Max Plus(M1)の価格が手頃な3万円ほどですので、
SIMフリースマホとしても安くて買いやすいですし、
今後2枚の格安SIMを運用していく予定の人にとっても、
総合スペックで考えて、よいバランスの新端末だと言えそうです。
何より5.7型ワイド、 18:9フルHD+の大画面を楽しめそうですね。

ZenFone Max Plus M1(ZB570TL)【ASUS公式】

関連記事

2018年1月19日大量の緊急警報を受信【誤報】スマホASUS ZenFone 3 Max緊急警報設定とファームウェア確認の方法
ASUSシステム更新2018年2月 ZenFone 3 Maxシステムアップデート(FOTA)
UQモバイルお試しSIMを使ってみた【格安SIM】高速通信で速度が速い、その理由とは?



スポンサーリンク