格安SIM通信速度調査2019年5月末┃MVNO実測値比較



   2019/06/26

格安SIMの通信速度調査、2019年5月末。

格安SIM(MVNO)から、
FREETELフリーテル)、
U-mobileユーモバイル)、
の通信速度を計測しました。

格安SIM 2社の実測値を公開し、比較いたします。

※通信速度は、場所、通信環境、端末スペックなど、
あらゆる要素で大きく変化します。
あくまで参考値としてください。

格安SIM通信速度調査結果 2019年5月末

「F」がFREETELフリーテル
「U」がU-mobileユーモバイル
格安SIM通信速度調査2019年5月末

旧 FREETEL SIM の通信速度2019年5月実測値

旧 FREETEL SIM(フリーテル)とは、
以前プラスワン・マーケティング株式会社が運営していた格安SIMで、
楽天株式会社が買収しました。
「楽天モバイル」に統合され運営会社は楽天。
FREETEL SIMという格安SIMは存在しません。

端末:ASUS Zenfone Max Pro M1(ZB602KL)(Android)スマホ
アプリ:Speedtest.netおよびSpeedTest

スマホASUS Zenfone Max Pro M1(ZB602KL)にインストールした
アプリSpeedtest.netにて速度計測しました。

測定結果の画像の中でLTEと表示されています。

(単位はMbps・平日)

5/30 20:31 2.40
21:47 4.91
5/31 6:02 14.2

※楽天モバイルではありますが、
旧 FREETEL SIM(フリーテル)プランの
新規申し込みはできません。

予想外の測定結果が得られました。

今回は夜の時間帯を計測してみようと、
いつもと同じ方法で20時台、21時台と計ったのですが、
その後うっかり忘れて、そのまま寝てしまいました。

三回くらいは測定しておくべきだろうと考えており、二回だけでも問題はないのですが、
残りの1回分を翌朝起きた直後に速度計測してみたのでした。

すると、なんと14.2Mbps
目を疑い、二度見して、目が覚めました。(^-^;

旧フリーテル(現 楽天モバイル)でこんなに高速がでるのだと
はじめて知りました。

早朝で使っている人が極めて少ないから高速がでた。
ということは、普段の速度は楽天が意図的に遅くしていたり、
微妙な速度に調整されているのではなくて、
利用者で分け合ってる分だけ遅かったのだとわかります。

つまり、旧 FREETEL SIMも解約していない会員がまだまだ多数いる、
ということになります。
楽天が楽天モバイルの回線に付け替えておらず、
フリーテル時代の通信仕様のまま運用しているならば、ですが。

それにしても、偶然にこのような速度計測結果を得られてラッキーでした。
自分自身としてもサービスや速度が正常に提供されていることがわかって、
何だか安心感がありますし、
この速度測定のブログ記事としても面白いものになりましたから。

これまでの速度測定結果で、FREETELで10メガ越えたのは、
何回かしかなかったはず。
越えたとしても、本当に10Mbpsキリキリといった感じで、
こんなに明確に10メガ越えたことはなかった、と言い切れます。

楽天モバイル【公式】ご契約中楽天市場でのポイントが2倍!
※楽天モバイルのお申込みはこちら

U-mobile(ユーモバイル)の通信速度2019年5月実測値

格安SIM(MVNO)の「U-mobile(ユーモバイル)」
の速度を計測。

端末:NETGEAR AirCard AC785(モバイルルーター)
端末:ASUS Zenfone Max Pro M1(ZB602KL)(Android)スマホ
アプリ:Speedtest.netおよびSpeedTest

測定結果の画像の中でWiFiマーク(扇形)ですが、
U-mobile(ユーモバイル)SIMカードを
NETGEAR AirCard AC785(モバイルルーター)に
セットしています。

NETGEAR AirCard AC785のWiFi接続で、
ASUS Zenfone Max Pro M1(ZB602KL)にインストールした
アプリSpeedtest.netにて速度計測しました。

(単位はMbps・平日)

5/30 20:32 9.90
21:48 11.3
5/31 6:04 21.2

上記の通り、旧 FREETEL SIMで異常に高速な結果がでて、
驚き、やや興奮しながら、続いて今度はユーモバイルの早朝測定。

結果は、なんと21.2Mbps

ユーモバイルは10メガ越えをしばしば出していますので、
10メガではそこまで驚きません、少しうれしいくらい。

しかし20メガ越えたのは驚きました・・。

ここまで毎月、格安SIMの速度測定を記録に残してきて、
管理人の環境下では20Mbps出たことは過去にありません。
過去最高速度の結果を叩き出したことになります。

※ UQモバイルでは20メガどころか30Mbps以上も記録していますが、
KDDIのサブブランドとして特別に優遇されているという疑い
を持たれていますので、除外して考えます。
関連記事)
格安SIM通信速度調査2018年10月末┃MVNO実測値比較
UQモバイルお試しSIMを使ってみた【格安SIM】高速通信で速度が速い、その理由とは?
【マルチSIM】で UQモバイルお試しSIMを使ってみた

早朝の6時というのは、まだみなさん寝ているか、起きる直前。
起きてても、出かける支度中でスマホを使っていない。
夜型の方々も力尽きて眠りに入った直後くらいでしょうか。

他の利用者が使っていない時間帯は、こんなに速度が出るのだなあ、
と改めて認識できました。

だから格安SIMは、人気が出過ぎて会員数が激増すると遅くなるし、
解約者が続出してユーザーが減ると速くなる。
この傾向は、今では各社に分散して弱まりましたが、
ユーモバイルがいつも安定して高速なのは、格安SIM 全体のシェアの中で、
会員数自体が少ないからなのでしょう。

ただ、利用者自身としては、同じ料金を支払って、
いつも速いほうがありがたいですし、お得だと言えます。
(会員が少なすぎてサービス自体が終了になってしまったら駄目ですが)

(この記事の格安SIMはU-mobile データ専用です。)

格安SIM「U-MOBILE(ユーモバイル)」はこちら

関連記事

格安SIM通信速度調査2019年6月末┃MVNO実測値比較
通信速度調査(実測値)の記事一覧
格安SIM通信速度調査2019年4月末┃MVNO実測値比較
FREETEL SIMが買収された。2017年11月から楽天へ身売り
FREETELの運営会社は楽天。2017年11月1日140万回線突破
楽天運営のFREETEL SIMまもなく1か月、ユーザーは今後の契約どうなるのか
FREETEL端末事業も民事再生法の手続き、格安SIM譲渡からわずか1か月で断念
「FREETEL SIM」から「楽天モバイル」にブランド名称統合完了2018年1月15日
FREETEL(フリーテル)の記事一覧



スポンサーリンク