楽天モバイル接続できず圏外?開通できない苦情殺到(2019年10月無料サポータープログラム)



 

2019年10月から開始となっている
楽天モバイル(MNO)の無料サポータープログラムについて、
開通しない、つながらない、接続できない、
といった苦情が殺到しているとのこと。
(動画あり)

【動画】 ニュース解説「楽天モバイル(MNO)無料サポータープログラムで開通しない、つながらない、接続できない(2019年10月)

「ニュース解説「楽天モバイル(MNO)無料サポータープログラムで開通しない、つながらない、接続できない(2019年10月)」

情報ソース

「楽天携帯、つながらない」問い合わせ相次ぐ 約2割が開通せず
(ITmedia Mobile 2019年10月23日 17時50分)

楽天「つながらない」携帯、総務省が改善要請
(日本経済新聞 2019/10/23 20:45)

楽天モバイル「接続できない」 利用者から相談相次ぐ
(朝日新聞デジタル 2019年10月23日00時10分)

無料サポータープログラムの2割が開通できていない?

楽天モバイル(MNO)からの突然の
無料サポータープログラムについての件は、
先日の記事で解説しました。
※記事はこちら)
楽天モバイル(MNO)サービスなんと延期で無料サポータープログラム実施。遅くとも2020年春には携帯電話サービス開始へ

希望者が5000人以上が応募してきたため、
利用者は抽選で選ばれました。
10月22日の時点で、楽天モバイル側は
SIMカードを4500人以上に発送し、
8割強が通信サービス利用中だという。
およそ3600人前後の利用者という計算。

約2割のユーザーはまだ開通作業を終えていない模様。
圏外で接続できないために開通できない状況
という話もでています。
スマホにSIMカードをセットしても、
楽天モバイルの通信を受信しないと開通しないのです。

通信環境としては、
地上は楽天モバイルの基地局を使って、
地下や屋内はKDDIの回線(au)にローミングで接続される仕組みだという。
そのどちらかに接続できればよい。

試験サービスで判明した通信圏外で接続できない有様

まだ試験サービスのような展開ではありますが、
無料サポータープログラム利用者のレビューなど
通信状態に関する情報をいろいろと見てみますと、
全く使えないということはなさそうです。

ところが屋外でも1本細い道などに入ったり、
建物でも部屋の奥、ビル内や店舗内などでは圏外になることがある模様。

このように大部分が接続圏内で大丈夫でも、細かい所まで穴が無いように
常時接続へ詰めていくというのは、時間がかかると思われます。

さらに、格安SIM楽天モバイル(MVNO)会員の
200万人全員移行するとは限りませんが、
他社からの新規MNPもあると仮定して、
本サービス開始になったときには、
100万人単位それ以上の利用者になっていくわけですから、
少しでも圏外があればサポートへの問い合わせやクレームは激増するでしょう。

しかも、現在実施中の無料サポータープログラムは、
東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市に在住の人だけ
で実施している状況であることを忘れてはいけません。
それなりに力を入れて基地局を準備したのであろう都市部の地域でこの有様。

自宅や職場が圏外ですと、まず使えません。
ライフラインとしてもアウト。

現在の楽天モバイル(MNO)は、
無料で使い放題ですから、そこまで苦情にはなっていないでしょうが、
本サービス開始後の有料サービスで使えなければ、
膨大な数のクレームや解約申請で、とてつもない混乱に陥っていく
ような気がしなくもありません。

楽天モバイル接続できず圏外?開通できない苦情殺到 まとめ

本来は、この10月から本サービスが開始するはずだった
楽天モバイル(MNO)は、延期を認めたり詫びたりすることもなく、
試験運用のような、
無料サポータープログラム実施を平然と発表。

それで始めてみれば、
限定地域の、都市部たった5000人で2割近い人が通信圏外の可能性。
少なくとも、本格的なサービスのスタートは、
無理な状況だったことが明らかになりました。

全国を対象に100万人以上の契約者に提供するであろう
本サービスが開始されるのは、遅くとも来年の4月の予定だと発表されていますが、
残り半年間で果たして間に合うのでしょうか・・。

引き続き様子を見守っていきましょう。

関連記事

楽天モバイル、格安SIM DMM Mobile を買収。2019年9月承継しユーザー数220万人へ
SMARTalk(旧IP-Phone SMART)・楽天でんわ の運営が楽天モバイル株式会社へ2019年6月
旧 FREETEL SIMカウントフリー廃止で通信量増、3G廃止の変更┃2018年11月から
【Viber アプリ】旧 FREETEL SIM カスタマーサポート・電話窓口へのお問い合わせ変更(2018年12月12日から)
FREETEL SIMが買収された。2017年11月から楽天へ身売り
FREETELの運営会社は楽天。2017年11月1日140万回線突破
楽天運営のFREETEL SIMまもなく1か月、ユーザーは今後の契約どうなるのか
「FREETEL SIM」から「楽天モバイル」にブランド名称統合完了2018年1月15日
格安SIM(MVNO)2018年2月の会員数から考える格安SIMの選び方



スポンサーリンク