楽天モバイル(MNO)サービスなんと延期で無料サポータープログラム実施。遅くとも2020年春には携帯電話サービス開始へ



 

楽天モバイル(MNO)の第四の携帯会社としてのサービス開始は、
どうやら延期になったようです。
(動画あり)

【動画】ニュース解説「楽天モバイル(MNO)サービス延期。2019年10月から無料サポータープログラムでプレサービス」

「ニュース解説「楽天モバイル(MNO)サービス延期。2019年10月から無料サポータープログラムでプレサービス」

情報ソース

「いまだ全容が見えない「楽天モバイル」のMNOサービス 現状を整理する (1/3)」
(2019年09月06日 ITmedia)

「楽天モバイル「携帯キャリア参入」当初は限定サービス、データ・通話使い放題「革新的なネットワーク」への“確信”がない様子」
(2019年9月6日 Engadget 日本版)

「楽天モバイル「新規参入」の“つまずき”は総務省の失策。結局、国民の「通信負担」は1円も安くなってない」
(BUSINESS INSIDER JAPAN)

「【格安スマホまとめ】楽天モバイル、開始時期もサービス内容も詳細見えず しかし端末は注目機多数」
(2019年09月08日 ASCII編集部)

楽天モバイルの携帯キャリア事業についての記者発表会(2019年9月6日)

2019年9月6日に楽天モバイルから、
携帯キャリア事業についての記者発表会が行われました。

もちろんそれは、第四の携帯会社としてのサービスが、
この10月から始まるからです。

しかし実際には違いました・・。

2019年10月から2020年3月31日の終了を予定として、
無料サポータープログラムを行うというのです。

内容としては希望者から抽選で5000人を選び、無料で
国内通話やデータ通信、SMS、データローミングが使い放題。

楽天モバイル(MNO)

2019年10月1日受付開始
2020年3月31日に終了予定

無料サポータープログラム
(5000人)

東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市お住まいの方
満18歳以上
新規契約およびMNP

国内通話・データ通信、国際通話、
国際ローミング(データ通信)
SMS
が無制限で使い放題

品質テスト/アンケートに回答すること
楽天回線対応製品を利用すること

まとめ 楽天モバイル(MNO)延期で無料サポータープログラム

評論家を中心に誰が分析しても、先行している三社である
ドコモ、au、ソフトバンクに楽天モバイルがかなうはずがない、
そもそもアンテナの工事が間に合わないので
安定したサービス提供自体が難しいはずと言われていました。

そんな噂を楽天側は全く気にしていないかのように時は流れ、
実際はサービス開始1か月を切っても、サービス詳細や
料金プランなど一切不明でベールに包まれていました。
加えて総務省から度々の指導が入っている。

それにもかかわらず、三木谷社長や首脳陣は、
問題なく順調に進んでいるといったスタンス。

誰もが首をかしげるこの状況で、驚くことに、
サービス延期という荒業でいなされました・・。

プレサービスで念を入れて間違いないようにしたい、
というやり方はよいと思うのですが、
その考え方はスケジュールに余裕がある場合に行う方法であって、
今回のケースは単なる延期と言えるのではないでしょうか。

来月スタートが予告されていたサービスの発表会で、
来月からのプレサービスの案内では話になりません。

どうりで社長や首脳陣は余裕があったわけです。

しかしユーザー、評論家、メディアは裏切られた気分。
楽天の考え方に信頼性は下がります。
それを反映してか何となく復調気味だった株価も冴えません。

ただ、三木谷社長によれば、
ネットワークの安定稼働が確認されたら、
1か月後でも年内でも始めるかもしれないとのこと。
つまり11月1日の本サービス開始もありえる。

それも今さら言い訳だと指摘されても仕方ありませんが、
逆に言えば、2020年4月1日には今度こそ本当に
第四の携帯会社、楽天モバイル(MNO)がサービスインする
ということになります。

まだ二転、三転、もめそうな気がしなくもありませんが、
今後の推移を見守っていきましょう。

関連記事

楽天モバイル、格安SIM DMM Mobile を買収。2019年9月承継しユーザー数220万人へ
SMARTalk(旧IP-Phone SMART)・楽天でんわ の運営が楽天モバイル株式会社へ2019年6月
旧 FREETEL SIMカウントフリー廃止で通信量増、3G廃止の変更┃2018年11月から
【Viber アプリ】旧 FREETEL SIM カスタマーサポート・電話窓口へのお問い合わせ変更(2018年12月12日から)
FREETEL SIMが買収された。2017年11月から楽天へ身売り
FREETELの運営会社は楽天。2017年11月1日140万回線突破
楽天運営のFREETEL SIMまもなく1か月、ユーザーは今後の契約どうなるのか
「FREETEL SIM」から「楽天モバイル」にブランド名称統合完了2018年1月15日
格安SIM(MVNO)2018年2月の会員数から考える格安SIMの選び方



スポンサーリンク